タイの気候

雨季は、雨の多くなる季節ですが、雨季の初期にはそれほどでもなく、数日に1回スコールが降る程度ですが、雨季も半ばになると連日大雨と雷が続くこともあり、雨で気温が下がって比較的過ごしやすい季節でもあります。タイは熱帯に属し、1年の平均気温が約29度と1年中温暖な気候が続きますが、1年の気候は3月から5月にかけての暑季と呼ばれる最も暑い季節、6月から10月にかけての雨季と呼ばれる雨の多い季節、11月から2月にかけての乾季と呼ばれるもっとも過ごしやすい季節と3つの季節に分けられます。

外出には、日射病予防に帽子が必須となる季節です。また日が暮れてからも気温が30度から下がらずとても暑い熱帯夜が続くこともあります。

大雨といっても朝から晩まで降り続くようなことは滅多に無く、雨が上がっているときには比較的快適に観光することもできる季節です。乾季は、一年で最も過ごしやすい季節で、朝方などはバンコクでも気温が15度くらいの時もあり、観光するのにも快適とで滞在にはベストシーズンとなります。

タイ正月のソンクラーンで水掛けが行われるのが、この季節の一番暑い時期となる4月です。暑気の平均気温は約30度ですが、日中には40度を超える日もあって、そんな日には炎天下を歩くことさえままなりません。